名古屋で観る日々★ポールダンスを愛で、プロレスに溺れ、ジャズを偏愛し、アンダーグラウンドを徘徊する★ プロレス
名古屋を夜街を日々徘徊する夜行性生物の氷村がライブで見聞きしたポールダンスやプロレスのこと
名古屋で観る日々★ポールダンスを愛で、プロレスに溺れ、ジャズを偏愛し、アンダーグラウンドを徘徊する★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロレスラー西村修、参議院選挙に起つ!
2010-05-16-Sun  CATEGORY: プロレス
参議院選挙候補の西村修(現役プロレスラー)さんを囲む会に行ってきたのだよ♪

おぉ!亀井大臣がおる。そりゃそうか国民新党からでるんだものな。テレビまんまだ\(◎o◎)/
そしてすげぇ説得力だ!バルカン政治家の個人戦闘力はズバ抜けとる。こりゃあホリエモンでも勝てないやな。
偉いさんの挨拶なんて退屈なものって思い込んでたけども、真に偉くなる人ってのはやっぱ違うわ^^;

そしてムトー。
プロレスマスター武藤。
闘魂三銃士の武藤。
全日本プロレス社長武藤。
車椅子でリングイン・・・じゃなくて登段。デカイ、そして面白い。

主役の西村修。
地味、そして真面目かつ愛想無し(-.-;)
もっと喋れ!
・・・と、思ってたが、話聴くうちに泣きそうになった。
鈍で愚だが志が高く高貴な男に幸運と勝利を心より願うぞ、我は!
がんばれ西村!
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
イカレスラーがネチッコク国政に物申す!
2010-05-11-Tue  CATEGORY: プロレス
カメがイカと手を組んだ♪

亀井大臣の率いる国民新党から「西村”いかレスラー”修」氏が参議院選挙に出るって情報は全国民の歓呼に迎えられた公然情報だから皆知ってるな?
知らないなら今から覚えてくりゃんせ。
西村修
なんだぞ。
で、参院選では何も考えずに「西村修」と書くんだぞ♪

マニフェストとか気にしなくても良いから。
政策とか、気にしなくても(しないほうが?!)世は治まるって昨今証明されたがね。
だから気にするな。
だいたい世界的な列強の権力者が過去に紙に印刷した作文に囚われてどうするんね?
不確定な未来に起こる不測の事態から、国家と言う盾で国民を守ってるんだがね。
最悪の事態に襲われた時、机に座って作った作文なんて無意味。
だって、たいがい予想外の状況になっとるもの^^;

アテになるのは指導者の精神的瞬発力。
度胸・力量・作戦指揮能力だもの。
マニフェストなんて地方自治体の選挙にでも重宝してなたぃ。

その点、我の推す西村修ならば・・・
・プロレスラー的な馬力。
・ガンを克服した精神力。
・サブミッションレスラーの明晰な知性&無尽蔵の体力。
・深遠かつ重厚な哲学性とイカ的粘着性(笑)
で、あらゆる国難に徹底対処するはずなんだぜ^^

お友達にも勧めてくだたぃね。

って、わけで、我は政治家のパーティーとやらにこの週末でるんだぜ。
ムタ~♪

あ、表題で「当確」だしたのは、我が推すんだから西村当確!って意味の予言的アレ。
言霊って大切なのさ
トラックバック0 コメント0
がんばれ元気!
2010-04-20-Tue  CATEGORY: プロレス
金曜、プロレスを見ゆ。
ドラゴンゲート。
久々であった。

ひいきの超神龍が出ないと聞き、地元(おっと、一応中国やったか?)
に厳しいドラゲー首脳への怒りも新たに会場入りするも、あれれ?リングサイドに我等がシェンロンの勇姿が♪
Tシャツの上からでも胸板の充実感が増しとる感じ、コンディションはグリーンだね^^
試合には出ないが、リングサイドには出ずっぱりで忙しそうである。
せっかくだから乱入かまして長髪のウザイ神田をフルボッコにしてやればよかったのに。
あの不潔な長髪頭をバリカン片手に丸刈りにしてやればCO2削減に役立つはず!と、無根拠無理屈無理無体な独り言をつぶやいてた我であるが、たぶんだれも聞いてなかったはず。

さて、元気。
いつに間にやらウォーリアーズ入りしとったのも驚きでしたが、会場に響き渡るあの懐かしいH・A・G・E!コール!!に驚きと喜びの夢舞台で1人スタンディング(音響の素晴しい芸術創造センターだったしな)
闘龍門の時代にゃ咽喉が裂けよと絶叫した「ハゲ」コール。
あの美しかった闘龍門プロレス全盛の記憶が走馬灯のように駆け巡ったってのは嘘なんですが、それでもやっぱり素敵だった闘龍門時代。
なんか嬉しいかったねぇ。
さすがに神は宿らなかったようだが、伝説の丸め込みも勝負どころで投入!
もっと、もっと、がんばれ堀口元気♪

そんなドラゲーでした。
トラックバック0 コメント0
プロレス復興の狼煙が!名古屋から!!
2009-12-07-Mon  CATEGORY: プロレス
マサトは立ってるだけで美しい。
そして対手に恵まれると美しく輝くのである。
K-1のほうでなくZERO-1のほうの田中将斗なんだぜ。
そんなエイジが新日本プロレスの愛知県体育館大会を観にいったんだな。

二階席まで満席。
この不景気のさなかに決して安くないチケットを購入して一夜の夢を観にきた連中って素敵だ♪
ダフ屋も出没^^
コレだけ見ればプロレス復興は近いって感じ。
良いモノをコツコツ積み重ね見せ続ければ、必ず報われるって事でしょう。
がんばれプロレス。

北側リングサイド第一列目ど真ん中の席である。
目の前がもうサイドフェンスだもの。
数メートルんとこで肉弾相打つ激闘を満喫できる。
これまた浪漫♪
そして多謝なのである。

将斗は後藤洋央紀と対決。
後藤は地元桑名出身で新日のホープ。
玄人受けするプロレスラーらしいプロレスラー。
正直、我も好き。
地元、玄人好み、ホープ、ホーム。
の四重苦を背負って厳しい闘いを強いられる将斗。
弱小団体って辛い。

それでもやっぱり田中将斗は素晴しい。
あきらかに有るウェイト差をまったく感じさせないハイ・パフォーマンスを見せつける。
間合いが開けば弾丸エルボーを打ち込み、グラウンドでは息継ぐ間のないサブミッションの攻防。
切り返し返され攻守は転瞬に入れ代る。
まだ、まだ、まだまだまだまだだ。
まだ逝くな!
まだまだ逝くんじゃねぇ!!
って、筋肉の声が聴こえたと思ったもの。
フィニッシュ!
フィニッシュ!!
フィニッシュ!!!
・・・おっと、まるめ込み?
えっ、カウント入ったの?!
うっそ~^^;

って、終わりがちょっとアレでしたが、そんなもんか?
とも思うような感じでもあった。

敗北した将斗が「はい、満足したね。終わりだよ。よかっただろ♪」
ってな具合に飄々と花道を去ってゆく。
声帯破裂寸前まで声を絞り上げ、歓声ってより怒号をブツけていた我は悔しさ半分、納得半分。

地元ホープの良い所を限界まで引き出し。
自分の強さと上手さをあたりまえの様に見せつけ。
観客のボルテージをめいっぱい揚げさせて、終ればサッと舞台裏へ引っ込む・・・。
なんて、かっこいい♪

このあとのファイナル「中邑真輔VS永田裕之」の一戦も素敵だったのですが、なんか書きつかれたので終る。

プロレスってほんと素敵なのね^^
トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 名古屋で観る日々★ポールダンスを愛で、プロレスに溺れ、ジャズを偏愛し、アンダーグラウンドを徘徊する★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。