名古屋で観る日々★ポールダンスを愛で、プロレスに溺れ、ジャズを偏愛し、アンダーグラウンドを徘徊する★ プロレス復興の狼煙が!名古屋から!!
名古屋を夜街を日々徘徊する夜行性生物の氷村がライブで見聞きしたポールダンスやプロレスのこと
名古屋で観る日々★ポールダンスを愛で、プロレスに溺れ、ジャズを偏愛し、アンダーグラウンドを徘徊する★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロレス復興の狼煙が!名古屋から!!
2009-12-07-Mon  CATEGORY: プロレス
マサトは立ってるだけで美しい。
そして対手に恵まれると美しく輝くのである。
K-1のほうでなくZERO-1のほうの田中将斗なんだぜ。
そんなエイジが新日本プロレスの愛知県体育館大会を観にいったんだな。

二階席まで満席。
この不景気のさなかに決して安くないチケットを購入して一夜の夢を観にきた連中って素敵だ♪
ダフ屋も出没^^
コレだけ見ればプロレス復興は近いって感じ。
良いモノをコツコツ積み重ね見せ続ければ、必ず報われるって事でしょう。
がんばれプロレス。

北側リングサイド第一列目ど真ん中の席である。
目の前がもうサイドフェンスだもの。
数メートルんとこで肉弾相打つ激闘を満喫できる。
これまた浪漫♪
そして多謝なのである。

将斗は後藤洋央紀と対決。
後藤は地元桑名出身で新日のホープ。
玄人受けするプロレスラーらしいプロレスラー。
正直、我も好き。
地元、玄人好み、ホープ、ホーム。
の四重苦を背負って厳しい闘いを強いられる将斗。
弱小団体って辛い。

それでもやっぱり田中将斗は素晴しい。
あきらかに有るウェイト差をまったく感じさせないハイ・パフォーマンスを見せつける。
間合いが開けば弾丸エルボーを打ち込み、グラウンドでは息継ぐ間のないサブミッションの攻防。
切り返し返され攻守は転瞬に入れ代る。
まだ、まだ、まだまだまだまだだ。
まだ逝くな!
まだまだ逝くんじゃねぇ!!
って、筋肉の声が聴こえたと思ったもの。
フィニッシュ!
フィニッシュ!!
フィニッシュ!!!
・・・おっと、まるめ込み?
えっ、カウント入ったの?!
うっそ~^^;

って、終わりがちょっとアレでしたが、そんなもんか?
とも思うような感じでもあった。

敗北した将斗が「はい、満足したね。終わりだよ。よかっただろ♪」
ってな具合に飄々と花道を去ってゆく。
声帯破裂寸前まで声を絞り上げ、歓声ってより怒号をブツけていた我は悔しさ半分、納得半分。

地元ホープの良い所を限界まで引き出し。
自分の強さと上手さをあたりまえの様に見せつけ。
観客のボルテージをめいっぱい揚げさせて、終ればサッと舞台裏へ引っ込む・・・。
なんて、かっこいい♪

このあとのファイナル「中邑真輔VS永田裕之」の一戦も素敵だったのですが、なんか書きつかれたので終る。

プロレスってほんと素敵なのね^^
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 名古屋で観る日々★ポールダンスを愛で、プロレスに溺れ、ジャズを偏愛し、アンダーグラウンドを徘徊する★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。